スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
北向観音と善光寺 〜長野〜
我が家恒例の年末旅行。今年はでんしゃ念願の上田鉄道別所線に乗って、別所温泉北向観音へ。

旧車両の丸窓電車風にラッピングした「まるまどりーむ号」


千曲川にかかる赤い鉄橋と、原田泰治デザインのラッピング電車「自然と友だち2号」


旧車体の展示 (埃っぽいのは雪です)



別所温泉駅の鉄道むすめ:八木沢まい / 別所温泉駅駅長 


終点から歩いて約10分程度のところにあるのが別所温泉と厄除け北向観音
北向観音の歴史は古く、825年の創建である。昔から日本全国の人々の信仰を集め厄除観音として有名。
その名のと通り北向きで、これは「北斗七星が世界の依怙(よりどころ)となるように我も又一切衆生のために常に依怙となって済度をなさん」という観音の誓願によるものといわれている。
また、南向きの長野・善光寺と向きあっていて、善光寺が来世の利益、北向観音が現世の利益をもたらすということから、善光寺のみの参拝では「片参り」にになって願い事がかなわないといわれる。



この参道が善光寺に向いて続いている


非常に静かで、人はたくさんいるはずなのに観光地的なうるささがない。地元の人が誠実で心あたたまるサービスをしてくれる。派手ではないが心がゆったりとする。
私はこの温泉がとても気に入ってしまった。現実の煩雑さから逃れるにはとてもいいところだ。

で、善光寺のみの参拝で「片参り」になるのなら、「北向観音」のみの参拝でも同じことでは?と思ったので、急遽善光寺にも行くことに(^^ゞ


上田からしなの鉄道
長野へ。




この参道が「北向観音」と相対するわけだな。ふむふむ。


善光寺はさすがに世界的観光地。賑やかでいろんな言葉が飛び交ってました。せっかくなので「お戒壇巡り」もして極楽浄土に行ける約束もいただきました(笑) 
参道両側にはいろいろな名物が売ってましたが、「蕎麦ソフト」が妙にヒット。「味噌ソフト」より好評。

善光寺と北向観音の位置関係


今年も家族無事に過ごすことができました。人智の及ばぬところをお助けくださいまして、感謝します。
どうぞ来年もよろしくお願いします。



trackbacks(0) | 他道府県(旅行)
 Page 1/1  

RSS1.0 : Atom0.3 // graphic by ONSHINFUTSU
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.