スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
なかの兼好十八番
なんだかばたばた忙しくあちこちご無沙汰の極み m(_ _)m
とはいえ、忙中閑あり壺中に天あり、好きなことには万障おくりあわせて駆けつけるのだった。


なかの芸能小劇場 前売り2500円 
開演:14時00分〜

<演目>
前座・春風亭昇々『初天神』
三遊亭兼好『近日息子』
〜仲入り〜
三遊亭兼好『明烏』


連れ合いが正月の公演以来すっかり兼好師匠ファンになってしまい、
「月に一回は聴きにいきたい」とか言う。
「あのいたずらそうな顔みてるだけで笑いがとまらない」だって。

まず兼好師匠による本日の演目ならびに前座さんの紹介から。
座布団に座らず立って自ら司会する形式は私は初めてかも。独演会はいつもいきなり始まるものなあ。
本日の公演に「十八番」とついているからといって過大な期待はするな、そもそも「十八番」の最低条件である“いつでもどこでも間違えずに話せる”噺が殆ど無い、とか謙遜(自嘲?)して、会場をわやっと和ませる。
とりあえず四苦八苦して18の噺を揃えたんだそうな。
今日はその中からの2話らしい。
  


<個人的感想>
春風亭昇々「初天神」
前座。春風亭昇太のお弟子さんなんだそうな。今4月に二つ目に昇進予定で、かわいらしい顔をしている。そっち方面の噺家さんにもててるらしい。(*^^*)
噺はー、元気はあるのでー、ま、がんばってね。
ああいう水分多めのぺちょっとした喋り方は好みに合わない。

兼好「近日息子」
最初ちょいメリハリがなくダレダレしてたけど、弔問客あたりから本領発揮。
とはいえ、まだ兼好師匠は「与太郎」を演じるのがうまくない。

兼好「明烏」
十八番なら「明烏」やってくれないかなあ、とか仲入りのときに連れに言ってたら、ほんとに始まったのでうれしかった。
すでに枕の「パンダ」の話題でみんな大笑い。
(パンダの性教育ビデオってホントにあるんですね、疑ってごめんなさい(^▽^;))
若旦那とげんべえたろべえのやりとりの妙というか、吉原の情景を(知らない人にも)うまく上手に想像させる技とかほんとに上手。
ただ今回は親父さんの粋な感じがちょっと端折られて残念だった。
とはいえ、この噺は磨いていけばほんとに兼好師匠のオハコになると思う。兼好=明烏、いいと思います!
trackbacks(0) | 東京都(鑑賞)
『相棒−劇場版II』 観客動員200万人突破御礼舞台挨拶


『相棒』というテレビドラマと水谷豊のファンである私は、

前シーズンのとき、
240倍という難関をくぐりぬけて招待券を獲得し、
「発表記者会見」の場に立ち会うことができ、退場する生右京さん(水谷豊)に30cmまで近づくという恩恵に浴した。→

今回の映画では
「出前館」が応募してた「相棒川柳」に投稿したら優秀賞いただいて、映画のチケット2枚ももらっちゃったし、
さらに、「一般販売瞬殺完売」というこの舞台挨拶のチケットまで手にいれることができた。

なかなかラッキーな奴である♪ つうか、必死な気持ちが行動になり報われることもあるという・・・(^^ゞ

で本日、銀座・丸の内東映で約3時間ばかり(舞台挨拶は50分ぐらい)
きゃあきゃあと目をハートにしてきました。揺れるハート 
名づけて「相棒劇場版供廚覆蕕漫岼情激情版供γ忘廚蝓ハート大小
※お好きな方がいらっしゃいましたらコメントででもお声がけください(*^^*)

舞台挨拶動画→http://www.yomiuri.co.jp/stream/m_entertainment/110119_aibou.htm

水谷豊は「あの人」と鑑賞…映画「相棒」動員200万人突破!

 映画「相棒―劇場版2―」(和泉聖治監督)の観客動員200万人突破記念舞台あいさつが18日、東京・丸の内TOEI〈1〉で行われ、主演の水谷豊(58)と及川光博(41)、岸部一徳(64)ら13人が出席した。

 511人の「相棒」ファンの声援の中、客席から登場した出演者。映画の大ヒットに、水谷は「200万人なんて想像もつかない」と、驚いた表情で話した。終演後には、ガーベラの花が来場者全員にプレゼントされた。

 水谷自身も映画館に足を運んだそうで、「ちゃんとチケットとポップコーンも買って。まったくバレなかったです」と得意げ。司会者から「誰と行ったんですか?」と突っ込まれ、「あの人です」と妻の伊藤蘭(56)と観賞したことを恥ずかしそうに話した。

 公開4週で興行収入は25億円を突破。最高の新年の幕開けとなった。及川が「初詣でおみくじをひいたら大吉でした。感謝感激雨アラフォー!!」と絶叫すると、六角精児(48)も「僕もおみくじひいたんですけど…今年訴えられるって書かれててビクビクしてます」と会場の笑いを誘っていた。



和気藹々としたファンの集いとなり、
しっかりガーベラのお花、頂きました♪
(有楽町駅ホームにて撮影)
 
なんかこういうのってうれしい。
でもどうしよう、
永遠にはとっておけないしなあ〜。




今回楽しかったけど、同時に腹たったのはオークションを利用したいわゆるチケットの転売屋の存在。
「行こうとおもってたのにいけなくなっちゃった。誰か代わりに」という思いでオークションに出す人ももちろんいるけど、
最初っから転売目的でチケットを買い占め(なので本当に行きたい人にチケットが回らない)、
しかし、あまりの高値&短期取引に結局だれも買わず、それで抜群にいい席が空席になるという、そんな現象がこの会場でも見られた。
売り出した瞬間完売になったという割には2階席などがらがらだったし。1階のB列なんぞが空いてたし、発表では511人の観客となってるけど、おそらく実際は400人そこそこだったろう。
ファンもがっかりだし、出演者にも失礼きわまりない。
なにか対策できないかな、携帯とかに直接送るとか簡単に転売ができないような仕組みを作ればいいのになあ。

trackbacks(0) | 東京都(鑑賞)
三三独演新春特別公演
 
国立演芸場 3000円 開演:19時00分〜
<演目>
前座なし
柳家三三 『王子の狐』」
三遊亭兼好『一分茶番』
〜仲入り〜
柳家三三『橋場の雪』

遅まきながら今年初落語。
国立演芸場は慣れた所なれど、まあこの夜の寒いの寒くないの〜。(先代金馬師匠風に)
おまけに週末夜の演芸場周辺は「ここホントに都会のど真ん中か?」というぐらい寂しく店もあまり開いてない。
しかし会場に入って三三師匠の顔を見れば、ホンワカと心温まり、
また、新春恒例の「手ぬぐいまき」は「チロルチョコまき」にされ、まく数も
“もらえた人はいいけど、もらえなかった人の恨みのこもった視線に耐えられない"師匠のはからいで増量。
しかも結局来た人全員に配付。
師匠は手ぬぐいが間に合わなかったので苦肉の策、みたいなこといってたけど違うと思うな。こういう心遣いが「誰からも慕われ可愛がられる」ところなんだろうな、とちょっと思った。
うれしい気持ちいっぱいで帰途につきました。<物をもらうと人はうれしい。ヘ(__ヘ)☆\(^^;
JUGEMテーマ:落語


 



<個人的感想>
枕で、今日のお客様(兼好師匠)の紹介と、お正月用の縁起のいい話のこと。
実は私がこの日を選んだのは、お客様が兼好師匠だったからである。
三三さんと兼好さんは、二つ目のころから私がこれ!と気に入って目を付けていた噺家さんだったのである。その二人が共演? と聞いて即申し込み。期待いっぱいでこの日を迎えたのだ。


三三「王子の狐」
北区民にはおなじみでかつ嬉しい話。なんで三三師匠の女性ってあんなに艶っぽくって色っぽいんだろう。
ものすごく雌狐に同情してしまう。
声を出さない(出せない)時の仕草(ジェスチャー)が面白くうまいなあと思う。
場所を実際知ってるせいもあろうが、その場面がいきいきと見えてくる。

兼好「一分茶番」
数年前まだ二つ目の時に「落語研究会」だったかな、で聞いたのと同じネタ。入り口はちょっとちがったけど枕もその時と寸分違わずいっしょ。
兼好師匠は二つ目の時からウマさでは群を抜いていた。枕の面白さには定評がある。表情といい間といい、ピカイチだと思う。
初めて兼好師匠を聞いた連れは大笑いしてた。

「一分茶番」と題名がついた理由がわかるように最後まできっちり話してはくれたけど、なんかだれる。最初の勢いがない。(虚弱体質だから?(笑)
二つ目からのファンとして言わせてもらえば、悪い意味で「変わってない」
にふ亭で「明烏」聞いたときのあの感動が今ちょっと薄れてる。がんばって!!

三三「橋場の雪」
師匠の真骨頂。いやー、舞台がほんとに雪景色になりましたねえ。
傘をさしかける年増のさらに色っぽいこと!! 夢でもあれじゃ私でも嫉妬します。
季節感、人物の描き分け、というより、そこにほんとにそれぞれの人物が現れるような感じ。
師匠じゃなきゃできない話。
わはわは笑うのもいいんだけど、こういうしっとり聞いてくすりと笑う話が私は好き。

・・・あそうか、このしっとり感を出すために、兼好師匠が呼ばれたのかもしれないなあ。やっぱり気配りすごいなあ。こいつは春からいい話を聞いたわい♪
trackbacks(0) | 東京都(鑑賞)
お笑いワルツ亭 柳家三三独演会


所沢西武8階ワルツホール 前売り2000円
開演:18時30分〜(終了時間はたぶん20時ちょいすぎぐらい)
前座なし
柳家三三 『高砂や』『笠碁』


先日行った「よってたかって秋らくご」のチラシでこの公演を知り、急いで電話注文。
後ろの方ではあるけれどど真ん中の席をもらい、始終三三さんを正面から見つめてゆったり安心して笑いました。
小じんまりした会場に後ろの屏風もなし、
西日的ライト(笑)で客層も黄昏的年代が多かったかも。ヘ(__ヘ)☆\(^^;
でもとてもうちうち的でたのしかった♪ 満足満足♪
JUGEMテーマ:落語

JUGEMテーマ:所沢




<個人的感想>
枕は小三治師匠のDNAが見え隠れして(ほんとはないんだけど)、途中何回か小三治師匠とお顔がダブりました。
落語協会会長就任の裏側とか小三治師匠の誕生日を間違えたとか三三師匠に不都合なことはブログに書くなとか落語は一期一会なんだからいろんな比較をしちゃダメとか師匠の話をしてたら野球の話になっちゃったとか。云々。

たっぷりのウォーミングアップのあと(客席との距離近づいた気がする)

「高砂や」
これが始まった時にはびっくり仰天。また若いに似ず古めかしいネタを。(もしかしてネタおろし?)
しかし上手に料理されてて(西洋ろーり)みんな大笑い。
会場の年齢層が高かったのと男性のお客さんも多かったせいかな。この前の池袋じゃできないかもな。
謡と都都逸と浪曲と物売りの歌い分けは、志ん朝「二番煎じ」の旦那衆を思い出して楽しかった。
三三師匠、いつかやってね。

中入り

「笠碁」
実は柳家三三師匠との耳での初出会いは無料配信時代のニフ亭『湯屋番』だが、実は初お目見えは2007年7月の第一回らくだ亭in江戸博で、演目は今日とおんなじ「笠碁」


枕で「比べちゃだめ」ということだったけど、でもその「笠碁」を聞いていっぺんにファンになった私には懐かしくうれしく思いつつ大事なネタなのでついつい比較。当時よりいい意味で軽みが出て実際は年取ったのに演技が若くなったかも。
彼の話の面白さは、枕から本筋に入ったとたん、急にそこから三三という人間がいなくなり、舞台には私が思い描く通りの落語の登場人物が生き生きと動き回り始めるところ。
舞台には36歳の師匠ではなくその倍の年の爺たちがかわいく碁を打っている風景に変わる。
声のトーンがいいんだろうなあ、その声が客に話にぴたっと合った想像力をかき立てる。話し手との意図とずれがないので気持ちがいいのだ。

ケンカ後の仲直りで、笠から落ちるしずくがまるで「うれし涙」のように思えて、爺たちの子どもっぽさに笑いつつもほろりとするところがすごく素敵。
trackbacks(0) | 東京都(鑑賞)
池袋東武・相棒展
「相棒」展
期間:2010年10月28日(木)〜2010年11月3日(水・祝)の7日間
場所:池袋東武百貨店 5F 4番地 (紳士服売り場)
※東武百貨店さんで、全館上げて年に2回行われる『大感謝祭』に合わせてのイベントとなります!

「劇場版供廛好繊璽觴命薪玄┐筺
「劇場版供廖シーズン9 PR映像&ポスター展示、
更には、映画撮影で使用した右京・尊の衣装展示もあります。
また、「相棒」グッズ約50種類が、どどんと勢揃い!

めんどくさいので『相棒』を知らない人にそれがなんなのか説明はしません。私がそのドラマのファンなのだけ知っといてください。ヘ(__ヘ)☆\(^^; 
HPはこちら:http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/

今日、池袋でちょっと時間があったので、せっかくだからと覗いてきました。
「本人たちが来るならともかく、着てた服の展示とか見たって、つまらん」とか思ったのですけどね(^^ゞ
展というより、「相棒コーナー」という感じでした。


「ひとつよろしいですか?」
右京さんと神戸くんが映画の中でほんとに着てた服。
これが相棒展のメイン。
仕立てがよくって、ピシッとしててかっこいい。

後ろの棚にはイタミンのクリアファイルやら、
なんやかやの相棒グッズ。
右京さんのネクタイ8800円を手にとって
・・・また置いちゃった(^^ゞ



神戸くんが着てたのと同じデザインのシャツ。
あっというまに売り切れたらしい。
ものすごく細身のデザイン。
こういうカジュアルなのもすてきだが、
着られる一般人はいるのか?(笑)


碇 卯人
朝日新聞出版
¥ 1,680
コメント:相棒展、ほとんどのグッズは売り切れてましたが、 ちょっと気になったのがこの本。ただのファンブック的なのかと思ったら、ちょっとめくって読んだ限りでは本格的な話のようです。


trackbacks(0) | 東京都(鑑賞)
よってたかって秋らくご
久々にホール落語を聞きに行きました。
池袋は「エソラ」入口から「エチカ」に抜けて、東京芸術劇場に直通。
便利になったもんだ。雨降っても傘いらな〜い。
  

私はホール落語の時は独演会を除き、開演前に一杯ひっかけることにしている。
そうするとちょっと気が緩んで
あんまりうまくない噺家の話でも笑えるような気がするから。
肩肘張って「下手だったら笑ってやるもんか!」と構える人もいるけど
まあ、こういう場合は少しアルコールなどいれるのはいいと思う。
でも酔っ払っうほど飲んじゃだめよ。

「エチカ」にはおいしいワインを飲ませる店があるので、今夜はそこで。
スパーリングワインと、肴はキスのエスカベッシュ
(合うんだこれが)



中ホール 「よってたかって秋らくご」
入船亭辰じん:道灌
柳家三三:締め込み
三遊亭白鳥:聖橋(新作)
春風亭百栄:甲子園の魔物(新作)
柳家喬太郎:すみれ荘201号室(新作)+α


<<個人的感想>>
新作落語発表会なのか?と思うほど。
初めて聞いた入船亭辰じんの二つ目らしからぬ技量にびっくり。達者な話し方だなあ。どこぞの真打よりずっとうまい。ちょっと注目しておこう。

三三師匠、相変わらず素敵♪ 師匠の作り上げた世界にふーっと入り込んでいく。てつびんの湯がたぎる温度まで伝わってくるよう。
でも泥棒が説明して喧嘩が収まるところまでしか話されなかった。他の新作はきっちり最後まで話してたのに。なにこの古典いじめ。
せっかくおもしろかったのに、中途半端なんて! 時間なかったわけじゃないのに!ぷんぷん。

白鳥師匠のは「中村仲蔵」をちょっと下敷きにしたような面白さもあってまあなんとか聞けた。
茶化しというかそれにムカッ腹が立つか立たないかのギリギリ。あやうい。
「毒」を吐くにはまだ若いし「人間愛」がいまいちなのかも。

喬太郎師匠のは新作でも面白い。前に聞いた時より市議会議員がさらにハイテンション。
今日は師匠が勤めてらした銀座の「福家書店」が店を閉めるという日にあたったとかで、その思い出を語ることになった。

百栄の新作は受け入れられなかった。枕から拒否反応(せっかくアルコール入れたのに)、あのネタで笑いを取ろうとする感性がダメ。野球少年とその母を怒らせたな。
たたずまいも着物の着方もだらしなく、所作もずるずる。声の出し方も間も悪いし。
新作っていったって喬太郎師匠のように基礎が徹底的にできたうえで作り上げるものだし、噺を作るのだって作家以上の心理分析がいるはず。全部いい加減な気がする。
私は「栄助」のころからよく耳にしてて、「なんでこやつが真打にもうなれるんだ?」と思ってた。同時期に真打になった「好二郎(兼好)」さんと大違い。あのころからちっとも変わってないじゃない。
よく客が笑ってたけど、「あの落語で笑う客が悪い」って談志師匠にいわれそうだよね、白鳥師匠?

「新作」ってなに? とまたこの会場でもはてなが飛び、心から楽しんで笑えなかった。
新作って、私は、枝雀師匠の小佐田定雄作品におけるたとえば「茶漬けえんま」のようなものだと思ってるのだけど、違うのかなあ。
古典独特の「型」の意味を取り違えてる新作噺家が多いんじゃないかなあ。
trackbacks(0) | 東京都(鑑賞)
10月突然大豆のごとく 千秋楽
年に一度「シティボーイズ」の舞台。わくわく期待に胸ふくらませながら、今年も本日行ってまいりました。

新国立劇場(初台)
「10月突然大豆のごとく」
作・演出:細川徹
作:ふじきみつ彦、向田邦彦、シティボーイズ、中村有志 
出演:大竹まこと・きたろう・斉木しげる(シティボーイズ)、中村有志、ザ・ギース、ラバーガール


かっぱ寿司の宇宙人CMでおなじみの人なども出てきて(ザ・ギース:尾関高文)、
今回の舞台は若い者と年寄りの対決。
当然、年寄りの大勝。
その「重厚」さ(ぷぷ)や、還暦過ぎてなお前向いて突っ走ってるやんちゃくちゃ爺たちに勝てる若者なんか今お笑いの世界にはいやしない。

今年も大いに笑わせてもらって、そして笑い疲れて今「魂が抜けますわ」状態。
音楽も素敵で、スクリーンの活用が一番うまくいった舞台かもしれない。
またきっと日常生活の中でふっと今日の舞台を思い出し、「うふふ」とか怪しい笑いをしてしまうだろう。
ただ気がかりなのは
最後のあいさつでいつもの「来年もまたお会いしたい!」の一言がなかったこと。
どうか体大事にして、一日でも長く舞台つづけてください。
こうなったら動かなくても、座ったままの舞台でもいいですから。

trackbacks(0) | 東京都(鑑賞)
 Page 1/1  

RSS1.0 : Atom0.3 // graphic by ONSHINFUTSU
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.