スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
ソフトプレッツェルの店 アンティ・アンズ
この地図の池袋のこの場所。【+】

2005年までは東口駅前交番があったところ。
グリーンロードにふくろう交番ができたので引っ越してからは
「東京点心 包家(つつみや)」がオープンしてエッグタルトや海鮮まんとかが美味しくて人気だった。
が、そこが今年2010年の10月中旬に突如閉店し、結構なショックが街中を走り回り(笑)
跡地に何が出来るんだろうと噂してたら、開店したのは
「アンティ・アンズ」というソフトなタイプのプレッツェルのお店。
2010年現在、世界23ヶ国で1,000店舗以上を展開しているというアメリカ生まれのお店が日本初進出なんだそうな。
HPはこちら
 ※2011年2月『秋葉原メトロピア』に国内第2号店をオープン予定
 ※2011年3月『二子玉川ライズ・ショッピングセンター(開業予定)』内にオープン予定


昔々、TDLのトゥーンタウンにワゴンがありまして、ミッキーマウス型とドナルド型の2種のソフトプレッツェルを売ってたんですね。
熱々でふわふわ、バターの香りがしてちょっと甘くて塩味の、なんとも美味しい生まれてはじめて食べる食感と味が忘れられずにいました。
(今はトゥーンタウンでは同じものは売っていないようです)

「ソフトプレッツェル」の店と聞いて、あの味がなんと池袋で手に入る?! きゃー、と狂喜乱舞。
早速、でかけました。(2010.11.19)


並んでるだろうなと思った通りばっちり並んでました。私のところで4〜50分待ち。
寒い中待ってたらホットレモネードのサービス。
有楽町の「クリスピードナッツ」では待ってるときにドーナツ1個サービスしてくれるのでそれを期待してたが、、、まあいいか(^^ゞ


店内で作ってるところを見せてくれる。店内は食べるところもある。

プレッツェルになるまえの塊。
これを細長く切り分けて、くるくるっとプレッツェル型に作る。


でも、粘土のように作りそこねたのをもう一回まとめて生地にもどすのまで見せるのはどうかと思う。

「コールド・ストーン・クリーマリー」のようになんらかのパフォーマンスがあるようで、スタッフの人がやりかけるんだけど、混雑と人ごみでいまいちのりが悪いし「なにやってんだろ?」という感じ。

きっとまだ開店のどたばたでなにもかも店側も思うように動けてないのだろう。
これから落ち着いたらゆっくりいろいろ見せてください。
作りたての買って即はふはふ食べながら池袋散歩をしてみたいです。

で、肝心のプレッツェルは、トゥーンタウンのプレッツェルとはちょっと違いましたが、なかなか。
私の周りではアーモンドクランチプレッツェルが人気でした。

これはオリジナルプレッツェル。 
冷めた場合は、本家のHPによると以下の通りに温め直します。(日本のHPのとは温め方がちょっと違うようです)
Conventional Oven/Toaster Oven: Preheat oven to 400° F. Wrap pretzel in foil and bake approximately 3 minutes.
Microwave Oven: Microwave pretzel for approximately 10-15 seconds on medium setting, repeat as necessary.
(オーブントースター・オーブンの場合:予め約200℃に温め、ホイルにくるんで3分ほど焼く。
電子レンジの場合:5〜600wでおおよそ10〜15秒かける。必要に応じてこれを繰り返す)


軽食アンティ・アンズ 池袋東口店 (パン・サンドイッチ(その他) / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

JUGEMテーマ:今日の*おいしい*

trackbacks(0) | 東京都(お店)
 Page 1/1  

RSS1.0 : Atom0.3 // graphic by ONSHINFUTSU
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.