スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
厨房 シナモン
先日「metro cafe でぐち弐番」の記事を書きながら、「な〜んか忘れてるような」という気がしてて、
で、あれこれ記憶の網をたぐりよせてるうちに、
地元で “ディナー時間にシェフの「お任せ」でコースを楽しんだ店” に行ったのをやっと思い出しました。
・・・すみません。完璧に飛んでおりました。なんという失態。

「metro cafe でぐち弐番」が最近のオシャレな欧風レストランなら、
こちらは、ほとんどが飲み屋居酒屋だった赤羽に三十年以上前から存在する、老舗フランス料理店です。



厨房 シナモン
(レストラン&ギャラリー)


住所:北区赤羽1-41-14 
赤羽駅から一番街通りを300m程入ったところ。

営業時間:
ランチタイム・11:30〜14:00 
ディナータイム・18:00〜21:00

定休日:毎月曜日

フランス料理だから気が張るんじゃないかとかそんな余計な心配はいりません。
家庭的な雰囲気の中で、美味しいフランス料理を食べさせてくれるところです。
ランチなら普段着で、散歩や買い物の途中に、一人でふらっと、とかで全然問題なし。
でも「フランス料理」という芯の部分はぶれずかっちりしてるので、
フランス料理と銘打っててランチに「生姜焼き定食」が出てくるなんてことはありません。(どこの店じゃ)

店内はほっこりとフランスの田舎の小さな料理店といった感じで、安らぎます。

シェフはお一人。
ので、料理が提供されるまでに時間がかかるときがあります。

でも待たされてもいいと思ってしまいます。
ゆっくりゆっくりとした食事時間を過ごしたい時、ここにきます。

そういう意味ではここも昭和のノスタルジア。
・・・よって、お客様の年齢はやや高めかな(^^ゞ
食事が出てくるまでの間、本を読んだり連れとの会話を楽しんだり。


今日は、メインの魚と肉のメイン二つが楽しめる「ランチプレート」1500円で。
テーブルセットされたカトラリーと本日のスープ


豚ヒレの香草焼にタラのフリット・バルサミコソース(フランスパンかライス付き)

香草はセージにオレガノにタイム、まで認識。フリットは「素揚げ」でなくほんとにフリット。カリッとサクっと歯ざわりよくて、タラとホタテは生臭くなく柔らかく、ソースとバッチリ。何気ないけど手がこんでる。


デザートはお茶のプリンとコーヒー

液体と固体の中間状態で、ふるふる。おいしい〜。


しかし、ここはぜひディナーに利用して欲しい。
もちろんふらっといってメニューから選んでもいいんだけど、
電話して、予約して、記念日であることを告げ、苦手な食べ物を告げ、
店に行き、そしてシェフが用意してくれた心づくしのコースをわくわくしながら待ち、一口ごとにいちいち美味しいを連発する。
そんな楽しみ方をしたい。

愛する人達と今まで重ねた年月を慈しむような、そんな静かで幸せな時の食事にぴったりのお店です。
JUGEMテーマ:今日の*おいしい*

trackbacks(0) | 地元(赤羽グルメ)
metro cafe でぐち弐番 
赤羽には美味しいお店楽しいお店が多い。
けど、やはり伝統的なこともあろうけど、「おしゃれ」とか「高級感」とか「ヨーロッパ」とかそんな言葉からはちょいと縁遠い店が圧倒的多数だ。
・・・庶民にはそれでいいんだけどね(^^ゞ

しかしながら、
赤羽周辺(北区)は学校・幼稚園等が多く、そういう学校関係の会合とかおしゃべりとか、お母さんどうしちょっとした集まりの時などに入るお店がみあたらないので、「赤羽ってそういう店が無いのよねえ」とか愚痴のひとつも出てしまうのだ。
が、近頃
なかなかおしゃれなお店が赤羽岩渕駅近辺にぽつぽつと出来始めた。これはうれしい。
堂々と「お昼していかない?いいお店あるわよ」とママ友を誘えるようになった(笑)

今回行ったこの店もそういうおしゃれなお店のひとつ。「本格欧風料理をカフェ感覚で楽しめるお店」とか。うわ〜♪
(ブログのコメントでveve@岩淵さまに教えていただきました)


metro cafe でぐち弐番 

住所:北区赤羽1-54-5 メトロAIビル1F0
   東京メトロ南北線 赤羽岩淵駅 2番出口真上 徒歩0分
営業時間  11:00〜22:00(月〜日) ランチタイム有り
HPはこちら→http://www.metro-cafe.jp/


シェフが三星レストランで修行した、とかいろいろ前評判を調べて伺ったのだが
本格的なレストランなのに、テーブルセッティングとか、料理の出し方が「ファミレス」並。
クロスもない。
カトラリーがぐしゃっとひとつのかごに入ってて、数人で行くと目的のナイフとかとりだすのに一苦労。
ご飯が来てるのに、メインがなかなか来ないとか、メインが来てからスープが来るとか、料理はとにかくできた順に出されるらしい。
ディナー時間なのにコースがないのも不思議だった。シェフに力量があるお店では「お任せ」でコースを頼むのが普通だと思ってたから。

大丈夫かいな、と思ったけど、いや、これで大丈夫なんです。

なるほど、そういったやっかいな形式ばった部分を省いて、赤羽ならではの値段にしてるんじゃないかなと。
なるべくいいものをリーズナブルに提供したいのよ、といった感じか。
大事なスタッフの気遣いは省略されてない。
店のくつろぐ雰囲気を整えることも省略されてない。
なにより、
料理が
格段ーーー!!!

スープ・渡り蟹のビスク 
蟹の旨味が濃厚でかつさっぱり、いつまでも食べてたくなる。



農園風のシェフ気まぐれオードブル
シェフがその日の気分によって9〜10品作るので、店内スタッフも何が出されるかわからない場合あり(^^ゞ
ワインを飲むときはぜひ。 



メイン・旬のメニュー「福島産伊達鶏のトマト煮」
わやわやほろほろと崩れるやわらかさ。ナイフいりません。トマトの味わいが肉にとけこんでいる。



メイン・ビーフシチュー
おそらく、この店に来たらこれを食え! という料理。「一口味見させて」の言葉を断固拒否。


これだけの料理(ほかにサラダ、パスタ、宮城産黒毛和牛のポワレ)4人分とグラスワインで約1万2千円。
シェフの技術と食材からしたら、よそだと一人分の価格かもしれない。確かにリーズナブル。

・・・とはいえ。いくら安いとはいえ
そんなしょっちゅう行ける値段ではなく。(^▽^;)

ま、何かの折に、こういうおしゃれなところがあると覚えておくだけでも、
またちょっと自慢できる店があるというのは嬉しい限りだ。
JUGEMテーマ:今日の*おいしい*

trackbacks(0) | 地元(赤羽グルメ)
武蔵野肉汁うどん いろは

武蔵野肉汁うどん「いろは」
北区赤羽1-5-2
営業時間:月〜土 11:00〜05:00 日曜 11:00〜23:00

HPはこちら→http://www.irohaudon.com/

---------------------------------------------------
幼い時、親に連れられて街に出たとき、賑やかで華やかな一画に
「あっちの方へいっちゃだめ。行くとこわーい人さらいのおじさんが来てつれてっちゃうんだよ」とか親に脅された異空間があった。
その脅し方が並々ならなかったので、怯えた私は、そばの道を通り過ぎるだけでも怖かった。
上野は一人じゃ歩けなかったし、池袋や新宿は決まった道しか通らなかったし、そして赤羽も。
その空間からやってくる男性がみんな人さらいに見えた。

・・・そして幾星霜。

「異空間」の意味がわかるようになったし、さらにかつての賑わいはさほどなくなって、恐ろしいまでの客引きとか影を潜め、現実世界wとの境はさほどくっきりしてなくなったけど
それでもトラウマというのは恐ろしいもので、今でもちょっと躊躇がある(^^ゞ

しかし、近頃気になるお店やさんがそういう所に多い。このお店もその一画にある。(ちょっと行き過ぎると「キャバレー・ハリウッド」だし)
これは躊躇してる場合ではない。
この年になったら怖いものなんかなんもないわい。恐怖より食欲が勝つのだ、とか自分を鼓舞して踏み込みました!

・・・実際、「あらあら(*^_^*)」とは思えど、昼間は知らなきゃそれほどなデンジャラスな場所ではないですよ。自分の心象的な問題なだけです。
---------------------------------------------------


2010年6月にできたばっかりのお店なので、とても店内はこじんまりしててきれい。
イケメンな店員さんも声かけよく明るく元気がいいし、女性のスタッフもいた。
だからカウンターでも女性一人でも全然抵抗なし。2階に上っていく家族連れもいたので、なんだ普通じゃんと一安心。

店に入ったら、券売機で。 
自分の定番の「肉汁うどん(並)」650円と好物の「ちくわ天」100円
まず来たのは「ちくわ天」


うわ。一本丸々揚げ!こんなの初めて。縦に半分割りとか、縦半分さらに横半分というのは見慣れてるが、一本丸揚げってすごい。しかも揚げたてあつあつ。
しかしうれしいけど、これ、かぶりつくのかな。そうだろうな。 ええい、カプッ。 
おいひぃ〜。


うどんは太く角の立った薄茶色の武蔵野うどん。つやつやしている。しっかり噛みごたえあり。ぼそぼそもしていない。(製麺機のそばに「紫七福神」と書かれた粉の袋がありました)
肉汁はまずダシの香りがすごいと思った。一口飲んでちょっと味が頼りないかなという気がしたので(寒いせいもあろう) 七色をさっとかけて補うとなんともいい感じになった。汁の甘さは豚バラ肉の甘みとちょうどあう。お揚げもネギもたっぷり。
ちくわでお腹いっぱいになったので並でちょうどよかったけど、うどんだけなら並だとちょっと足りないかも。もっとも足りないときは替え玉(替玉麺)も頼めるようだ。

釜割(お蕎麦のそば湯のようなもの)をお願いしてる人もいたけど、私は残った汁はそのままくいっと。ダシ味が気持ちいい美味しさだったから。


うん。大丈夫なのわかったし(笑)
結構おいしかったので、誰かまた誘ってこよっと。

終了時間が朝5時(ラストオーダー4時半)って
やっぱりこの辺の事情に合わせてるんだろうなあとちょっと思った(^_^;)

麺類武蔵野肉汁うどんいろは 赤羽店うどん / 赤羽駅赤羽岩淵駅志茂駅
JUGEMテーマ:今日の*おいしい*

trackbacks(0) | 地元(赤羽グルメ)
浪花ひとくち餃子 チャオチャオ

浪花ひとくち餃子 チャオチャオ
北区赤羽1-17-8
営業時間:平日17:00〜28:00  土曜15:00〜28:00  日曜・祝日12:00〜28:00
HPはこちら(クーポン有)→http://www.gyozaya.com/shop_chiiki/tokyo/akabane.html 



昔初めて池袋のナムコ・ナンジャタウン内の「餃子スタジアム」に行ったとき、色々食べ比べて一番気に入ったのがこの店。以来この餃子を食べるためだけにナンジャタウンに入ったりしたこともあった。
スタジアムから店が無くなってちょっとがっかりしてたら、なんと赤羽にやってきたのを知り、大喜び。

店内に「おいしい餃子と焼酎があれば幸せ」みたいな張り紙がしてあるが、まさにそんな感じのお店である。餃子もお酒もよく吟味されている。

餃子はひとくちサイズの全部くっつき羽餃子。女性でもひとりで2〜3枚平気。(1枚=8個 今回は3人で10枚)
味噌ダレ、酢醤油、辛味噌とタレにも工夫があって飽きない。
市販の餃子にありがちな、妙な臭さがこの餃子にはない。ポイポイっと食べられる。

ああ、なんで餃子ってビール(他、酒)にこんなにも合うんだろう〜。

餃子のほかにも、いろいろな美味しい料理があって、盛り上がる。店内もすっきりとしててきれい。お兄さんたちは愛想がよくて気持ちがいい。

本日は何がおすすめか、お酒は何があるかお店のお兄さんと話しながら決めるのもいいと思う。
今日は「牛筋煮込み」「手羽先の唐揚げ」「牛たたき」

駅からも近いので、ふらっと気軽に行けるのもいい。テイクアウトもできるそうだ。
餃子好きには外せない店かもね♪

餃子と居酒屋浪花ひとくち餃子 餃々 赤羽店餃子 / 赤羽駅赤羽岩淵駅
JUGEMテーマ:今日の*おいしい*

trackbacks(0) | 地元(赤羽グルメ)
蕎麦 清水庵
「ねー、昨日覗きにいったら、清水庵、やってたのよ、昼行かない?」
「えー、ほんとー! いくいくいく!」



清水庵
北区赤羽1-17-3
営業時間:11:00〜20:30
休業日:不明

地元では有名な蕎麦のお店。赤羽で蕎麦を食べようと思ったら、まずここを思い浮かべる。
テレビや雑誌などでもよく取り上げられて、好みもあろうけどこのへんでは格段に美味しいそばを食べさせる店。
一番街脇、「OK横丁」という今なお昭和の雰囲気漂う一画に居酒屋や飲み屋に混じって、ある。
広くない店内だけど、気持ちがいい。店主のこだわりが見える。天井にはお神輿の屋根が。

が。
ここのところずっと(多分1年近く)昼食時間に行っても行っても、のれんがかかってない状態が続いていた。
「夜だけになったとか?」「やめちゃったんじゃないの?」とか、なかなか正確な情報が北赤羽までやってこない。
どうやらご主人が怪我をされて(?)入院、店は休業している、という所まではわかったのだが、
その後
「そのまま店を閉めたらしい」との情報が入り、美味しい蕎麦はもう地元ではたべられないのか?と大ショック。

・・・そしたら、全然違いました。
店閉めてらっしゃいません。炎の復活、先月中旬に営業を再開されたそうです! 
\(^o^)/\(^o^)/


では、さっそく♪ まずはせいろでしょう。

麺は細く、つゆに絡みやすい。
つゆは江戸前の辛口。どっぷり蕎麦をつけて食べないようにできてます。蕎麦の1/3〜1/2までにつけてずずっと。
蕎麦はこうでなくっちゃ!
固めの歯ごたえしっかり、おもねらない、粋で頑固な男性のような蕎麦。
ちょっと香りが薄いのが難点だが、味がいい。
おいしいので2枚めおかわり。でも1枚の量が多いので食べ過ぎかも。


これは本鴨せいろ。冬はこれがいいと思う。

つけ汁たっぷり、あつあつ。鴨肉も厚く切ってある。
蕎麦を食べ終わったあと、残ったお汁をそば湯で割って、ちょっと七色をふり、「蕎麦スープ」(と勝手に名付けている)にしていただく。これがまた美味しくて体があったまる。

ごっつぉーさまー。
どうぞ体に気をつけて無理なさらないように、これからも蕎麦のように細く長く続けてください。

麺類ひびき清水庵 そば(蕎麦) / 赤羽駅赤羽岩淵駅
JUGEMテーマ:今日の*おいしい*

trackbacks(0) | 地元(赤羽グルメ)
シューマイ・肉まんの セキネ
赤羽一番街にてふと見上げると、空には赤く「セキネ」の文字が!

そうです。赤羽界隈では知らぬものはいない、シューマイ・肉まんのお店 セキネ です。


セキネ
北区赤羽1-11-1
営業時間:10:30〜20:00 無休

肉まん、あんまん、シューマイ(普通、大サイズ)、中華惣菜



こんなにコンビニで肉まんあんまんがメジャーになるずっとから、肉まん、といったらここだった。
昭和29年からここだった。

お土産でもオッケーな大きめの肉まん。
北区名品ガイド30選(平成22年3月) にも載ってる肉まん。

中身の肉の汁が、すこし厚めの皮にたっぷりしみこんでて、それでもしみこみきれなかった分がじゅわっと垂れてくる。
1個目はもう無我夢中でそのまま食べて、
2個目は添えられてる辛子と醤油をつけて食べると、別物。
赤羽のおなじみの味。これよこれなのよ、という懐かしさ。
まんじゅうの下に敷いてるのが紙じゃなくて経木なのもいいでしょう〜?

4個入り 920円(1個230円)


肉そのものをもっとがっつりと食べたいという場合は、肉まんでなくシュウマイをどうぞ。

普通サイズ10個入り 460円

冷めたら、電子レンジじゃなくて、ぜひぜひ蒸して温めなおしててください。
なお、このシューマイをキャベツで巻いてスープで煮込むと“なんちゃってロールキャベツ”になります。
これもおいしいです。(^o^)
JUGEMテーマ:今日の*おいしい*


軽食セキネ 飲茶・点心 / 赤羽駅赤羽岩淵駅志茂駅


trackbacks(0) | 地元(赤羽グルメ)
ラーメン専門店 ゆうひ屋 
なんだかものすごく体がラーメンを欲する今日この頃。
ということで、結構気に入ってる「ゆうひ屋」へ。



ラーメン専門店 ゆうひ屋
HPはこちら

東京都北区赤羽1−16−3

営業時間 年中無休
日〜木 11:30-25:00(LO.24:45)
金&土 11:30-26:00(LO.25:45)



できた当時は、かなりの人気で取材とか雑誌とかにもたくさん取り上げられていたけど、
その後周辺にラーメン屋が乱立したせいで当時よりはだいぶお客が減ったように思う。
時間的なこともあろうけど、私は並んだことはまだ一回もない。
だが、味が落ちたわけでなく、また、新しい試みをし続けてるせいだろう、お客は絶えず確実に入っている。

近頃は「油そば」に力を入れ始めているのか、ゆうひ屋というと「ガッツリとした油そば屋」という印象が強い人も多い。
が、わたしには相変わらず「つけ麺」これオンリー。700円


くきくきと太くアルデンテな麺と、魚だしの効いた甘めのつゆがいい。
上等な霜降りハムといったふうのチャーシューがいい。
人はどうあれ、とても私の好みにあうので、出来ればすぐになくならないで長く続けてほしいなあ。
JUGEMテーマ:今日の*おいしい*

trackbacks(0) | 地元(赤羽グルメ)
健ちゃんおでん 丸健水産
気温が下がってきたせいか、体調のせいか、なんかおでんが食べたくなった。
買い物帰りに赤羽一番街シルクロード奥「丸健水産」へ直行。
(ここはこの頃テレビのグルメ番組などでもよく紹介されるようになりました)

昔はよくおでん屋の屋台がからんからんと鐘をならしながら来て、
子どもたちはおやつ代わりにしてたし、母親は鍋持って駈け出したし、
名主の滝にデートに行った時も、そこに来てたおでん屋台のおでんを二人で食べたものだ。はっはっは。

今は屋台あまり見かけなくなりましたねえ。さびしい限り。

でもこの健ちゃんおでんはその屋台の名残のような気さくさがあっていいと思う。


ここで食べるのもオッケーだけど、もちろんおでんネタを買って行って自分ちで作るのもオッケー。
とはいえ、ネタをみてるとどれも食べたくなってついつい買いすぎるのが困りどころ。

関東ダネのスジ(魚)とかちくわぶもあってうれしい。そしておいしい。ネタはここで手作りされている。
私が必ず注文するのが、オリジナルのネタ「スタミナ揚げ」 ニラや黒ゴマのはいったさつま揚げである。

(スタミナ、すじ、大根 計500円)


このお店、実は赤羽小学校の西門すぐそばにあって、小学生の通学路になっている。
お腹すいてるだろうに、この香りの誘惑に負けず、買い食いもせず、店のまえを素通りできるなんて、
小学生たち、えらいっ!





trackbacks(0) | 地元(赤羽グルメ)
すみた  讃岐うどん酒場
地元には結構テレビのグルメ番組とかがやってきて、飲食店を良く紹介している。
が、ジモティに言わせると「えー!?そっちより○○店のほうがよくないか?」というのもあり、
もちろん「当然当然。その店は外せない」というのもあり。
今回の「すみた」はもうまさに「知る人ぞ知る」の有名店。

取材もよく来ています。

----------------------------

すみた

東京都北区志茂2-52-8(赤羽駅からLaLaガーデンを抜けて左折すぐ)
営業時間:平日)11時〜14時//18時〜21時30分 土日)11時〜15時
 麺が無くなると時間内でも閉まります。
定休日:毎月曜・第3日曜日 <<平成23年から第1日曜日も休み
公認HP:http://www5a.biglobe.ne.jp/~juan/89996337/

----------------------------

讃岐本格手打ちうどんの店。しかもうどんで一杯飲める店。
1999年に開店して十条でやっていたが、2009年3月に赤羽に引っ越してきた。散歩コースにある(歩いて行ける)のでとてもうれしい♪
・・・実は引っ越したのを知らないで十条にいき、店が無くなってるのに愕然、「こんないい店を残せないなんて、なんて街だ!」とその場でちょっと怒ったのだった。(恥)

この頃は「讃岐うどん」を食べさせる店はあちこち増えてきたけれども、ふつうの「ただコシが強いうどん」とはわけが違う。
「コシがあるのに柔らかい」「歯ごたえがあるのに口の中に官能的にまとわりついて胃に落ちる」
なんつうか、田舎のおばーちゃんが孫のために心をこめて打ってくれたようなうどんなのだ。

天ぷらはあつあつ、煮込み汁はしゅたっとじっくりしみこんで。
とろとろ、とか、さくさく、とか、じゅわー、とか
食欲をそそるものがみんなここにはある。
関西系の麺つゆにありがちな「しょっぱさ」がない。あっさりしすぎず濃すぎもせず。だから気にせず飲める。
おいしいんだなあ。毎日でも通いたくなっちゃうんだなあ。
そう思う人がたくさんいるので、この店はいっつも混んで並んでいるから、食べに行く時はご注意を。


今回は季節メニューの「きのこ天ぶっかけ(温)」800円をいただきました。
大根おろしをトッピングすればよかったとちょっと後悔(^^ゞ


そしてこれが店内一番人気の「かしわ天おろしぶっかけ(冷)」750円
かしわというのは鶏肉のこと。それのあつあつ天ぷらが3つと大根おろしが乗ってます。
なんというかもうどうにでもして、という旨さ。(^o^)


単品で「半熟玉子天」はいかがでしょう〜。


trackbacks(0) | 地元(赤羽グルメ)
 Page 1/1  

RSS1.0 : Atom0.3 // graphic by ONSHINFUTSU
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.