スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
武蔵野&讃岐うどん たいら屋
開店おめでとうございます。
浮間へようこそ! さっそくいただきにあがりました。
たいら屋
北区浮間3-19-2
営業時間 平日6:00〜9:00 11:00〜15:00 17:00〜20:00  土日祝11:00〜15:00


讃岐うどんと武蔵野うどんという異なる二種のうどんを食べさせるという、大変珍しいお店。
まずは武蔵野うどんを食べようと、閉店1時間前に駆けこむ。
さて。私にとって武蔵野うどんは、まず味がいいとか悪いとかの前に、見た目で“郷愁"を誘わねばならぬと思っている。
うどんは太めでやや茶色がかりーの
すこしねじれーの
ざる盛りーの
熱々つけ汁ーの
そういううどんが目の前に出されたとき、武蔵野っ子の思い出話が始まる。
「夕食は必ずうどんだった」「午後になるとばーちゃんがうどんを必ず打ち始めた」
「結婚式とかハレの日にもうどんがでた」などなど。

こんな郷愁を起こさせるうどんでなければ「武蔵野うどん」ではないと思う。
そういう意味では、少なくともここの武蔵野うどんに関しては合格点がつけられるんじゃないかなと思った。ま、もちょっとうどんががっつり腰があったほうがいいけど。


「肉汁うどん」を注文したら思ってたとおりのものと寸分たがわぬ「肉汁うどん」が出てきた。
(かつおダシの、熱々汁に肉に油揚げにネギ、が丼にたっぷり。すするというよりもぐもぐ食べるうどん。テーブルの上にはちゃんとすりごま。天ぷらとかをのせるのは武蔵野うどんのスタイルではない)

美味しかったです。ごちそうさま♪ (麺は温盛りもできるようです)
お品書き↓ クリックするとおおきくなります。

JUGEMテーマ:今日の*おいしい*



+++追記
ほぼ同じ時間に今度は「讃岐うどん」を頂きに伺いました。(かけうどん+ちくわ天)

、、、すみません。
私は武蔵野うどんほどワクワクできず。
おダシは確かに関西風の色の薄いヤツなれど
でもなんか違う。これは讃岐じゃない気がする。
天ぷらが揚げたてでないところがとても悲しいし。しかも揚げ方上手じゃないし。

なんというか、関東風のうどんを関東風と関西風の二種類のつゆで食べさせるという感じになってます。
そもそも讃岐と武蔵野じゃうどん自体違うものだろうと思うんですが。
これでいいっちゃーいいのかもしれませんけど、讃岐と名乗るにはちょっと納得いかないかな。

たいら屋、両天秤かけないで「武蔵野」だけでいったらいいんじゃないかなあ。
隣の席できのこ汁うどんと肉汁うどんを食べてた一団がうらやましかったー。
trackbacks(1) | 地元(浮間グルメ)
スポンサーサイト

- | -
<< 純国産写真フィルム発祥の地 | TOP | 王子神社 熊手市 >>
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2010/12/06 4:00 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2010/12/06 5:05 PM








Trackback
今週浮間に新規開店したうどん店「たいら屋」です。 初日は朝うどんの時間帯でしたが、今回は昼メニューの武蔵野うどんに挑戦!...
はいねぶZ | at: 2010/12/12 12:25 PM


RSS1.0 : Atom0.3 // graphic by ONSHINFUTSU
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.