スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
秋田稲庭うどん 眞壁屋
なんだか讃岐うどんとか武蔵野うどん以外のうどんも食べてみたくなったので、去年の9月に池袋東武にやってきたばかりの「稲庭うどん」のお店に出かけた。

秋田稲庭うどん 眞壁屋
住所:豊島区西池袋1-1-25 スパイス池袋東武11F
営業時間:11:00〜22:00
定休日:無休 (スパイス休館日に準ずる)


うどんのお店ではあるが、稲庭うどんを中心に据えて、秋田のお料理を食べさせてくれる本格的なお店。
まだ認知度が低いのか、お昼時でもそんなに並んでいない。おすすめである。

讃岐うどんが「太麺の生麺」であるのに対し稲庭うどんは「細麺の乾麺」
讃岐うどんは「こねて切る」が稲庭うどんは「こねて伸ばす」
讃岐うどんは基本「普段使い」であるが稲庭うどんはもともと「おつかいもの」 今でもお中元にお素麺を贈るが、稲庭うどんもちょうどそんな感じである。

そんなわけでいつも食べるうどんよりやや値段は高い。丸くなくて平たく長い。食感もじぇんじぇん違う。知らないと「ベトナムのフォー?」とか言う人もいる。
しかし細いくせに腰がしっかりしてる。まだ上手に食べられないおチビちゃんに安易に食べさせると「ゲゲッ」と喉に引っ掛けることがある(短くして煮込むと大丈夫)

いや、とにかくでも美味しければいいのだ。うん。

1日30食限定の「とりそば」

いぶりがっこ(左)と秋田の海藻「ギバサ」の小鉢(右)付き。
鶏やキノコのダシがきいたやや薄めのつゆ。ゆずの香りもいい。さらりとお腹におさまる。
食欲がないときにもいいかもしれない。

しかし、物足りないという人のためには、親子丼とのセットもあります。


今度はゆっくり、きりたんぽ鍋でお酒など飲み、仕上げにこのおうどん頂きたいなーと思いました♪

麺類秋田稲庭うどん 眞壁屋 そば(蕎麦) / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅
JUGEMテーマ:今日の*おいしい*

trackbacks(0) | 東京都(外食)
スポンサーサイト

- | -
<< 堂山にはタヌキがおってさ♪ | TOP | 三三独演新春特別公演 >>
Comment








Trackback


RSS1.0 : Atom0.3 // graphic by ONSHINFUTSU
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.