スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
「55ステーション 北赤羽店」 閉店


1995年頃にカシオが「QV-10」という個人向けの低価格デジカメを発売した。
自分がデジカメを購入したのは1996年「QV-10A」が最初である。

←QV-10Aの画像(科博内)

もちろん画素数もてんで少なくて20万か25万ぐらいだったと思う。プリントアウトするとなんじゃこりゃ、というシロモノだったし、
たしか「JPG」ではなくなんか特殊な CAM 形式とか言うのだったような気がする。
それでグラフィックソフトはグラフィックコンバーターとかいうドイツかどこかのをもらってきてやってた気がする(Mac使い)
今と比べるとおもちゃみたいなものではあったけど画期的で、その時から、
「こりゃー、写真屋さんこの先大変かもなー」とほんとにそう思ってた。

そしてあっというまに世の中はデジカメの時代となり、それから10年もしないうちに、
老舗のカメラメーカーが次々と事実上あるいは完全に「フィルムカメラから撤退」していった。

使い捨てカメラ(レンズ付きフィルム)は、そこそこの人気はあるが、それでも市場は縮小されている。
頼みの「警察」も2009年5月7日に以下のように発表した。
 警察庁は、事件捜査の証拠として裁判所に提出するために撮影してきた全国の警察のフィルムカメラについて、今年度中に新型のデジタルカメラに切り替える。デジタルは改ざんが可能だとしてフィルムカメラだけ使ってきたが、データの改変が出来ない新型の記憶媒体と専用のデジタルカメラが最近開発されたため導入することにした。
 09年度の警察庁補正予算案約1824億円のうちデジタルカメラなどの購入費として約45億円が盛り込まれた。年度内に全国約1200の警察署と警察本部の鑑識課などに計約7千台のデジタルカメラとプリンターなどを配置する。
 警察庁によると、全国の警察では現在、裁判所に提出される写真についてはすべて一眼レフのフィルムカメラで撮影してきた。90年代にデジタルが普及してからは捜査の過程でデジタルカメラを使うことはあるが、証拠写真を撮る鑑識の現場では、基本的にフィルムカメラだけを使ってきた。
 しかし昨年秋、上書きや改変ができない記憶媒体と改変不能な記憶媒体しか接続できないデジタルの一眼レフカメラを複数のメーカーが開発。検察庁と協議の上、新型のデジタルならば証拠能力が公判でも維持できると判断した。
 新型の記憶媒体では、容量が満杯になる度に別の記憶媒体に変更しなければいけない。フィルム代の数倍かかる見込みだが、フィルムの場合は現像費がかかるうえ、一眼のフィルムカメラは高額なものなどしかメーカーが作っていないこともあり、フィルムカメラでは今後の機種更新が難しい面があるという。


デジタルとは違うフィルムの画像の素晴らしさをとくとくと語る人もいるけど、自分には違いはわからない。
新聞などに掲載のデジタルカメラで撮影された見事な風景写真を見ると、これで十分と思ってしまうのだ。
むしろフィルムは劣化が心配で、昔々のネガをデジタル化する作業をコツコツ行っている。
フィルムはもう趣味や芸術の世界だけのものになったのかもしれないなあ。

それで街のいわゆるDPE屋さんが姿を消していく。「デジカメの写真のプリントアウト」とかその他いろいろ工夫はされているようだけど、なかなか大変なんだろうな、と思う。

そして昨日、浮間口前の「55ステーション 北赤羽店」が閉店した。


三丁目のこの角に、つい最近まであった「ユニオンフォトサービス」もカット美容室に。


ついに浮間には写真屋さんが1軒もなくなったということである。

じゃあ、もう浮間では写真の現像ができないのか? いえ、現像だけでしたらコンビニ等でやってもらえます。
・ファミリーマート
http://www.family.co.jp/services/dpe/
・サークルKサンクス
http://www.circleksunkus.jp/service/#agency02
・セブンイレブン
http://www.sej.co.jp/services/dpe.html

でも駅前の店がシャッターしまってる状態だと、なんか寂しげにみえてしまう。(不二家が例の事件で長く閉めてた時も鬱陶しかった)ので、なるべく早くあたらしい店ができるといいなあ。

trackbacks(0) | 地元(お店・施設)
スポンサーサイト

- | -
<< 三三独演新春特別公演 | TOP | 『相棒−劇場版II』 観客動員200万人突破御礼舞台挨拶 >>
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2011/01/18 12:30 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2011/01/18 1:30 PM








Trackback


RSS1.0 : Atom0.3 // graphic by ONSHINFUTSU
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.